舌の役割はとても大きいのです。

声を使う人にとって舌は発音や音色を作るのに大きな役割を果たします。

そして、管楽器奏者の音色もやはり舌で作られているように思います。

管楽器演奏者で沢山の音色を自由自在に操れる人は、やはり舌骨の近くの舌がとても柔らかいのです。

この音色とは、フォルテとかピアノとかの音量だけの問題ではありません。
明暗や深みのような事を指しております。

声を出す事、楽器の音を出す事に精一杯の段階では、ここまで気にする人もあまりいないと思いますが、もし次の段階、音楽を生活の中心に考える、もしくはお話する仕事に就く、など「プロ」になりたいと決めた時には、この「舌」の役割が大変大きな比重になってきます。

そして、舌の癖は先ほど述べた始めた時に思う「大きな音」を出したい!と練習をしている時に、大抵の場合、この「舌」を力一杯ホールドして、息の圧力を調整してしまうのです。

声も管楽器も同じ、その傾向が見られます。

「舌」はとても可動性もあり、そして余り意識をしない場所でもあります。
そして舌は下に落っこちやすいのです。

良く、「喉を下げて」という表現を聞くと思いますが、喉を下げるのと舌を下げるのは違います。

しかし、可動性がある舌を舌に落としていると、あたかも口の中の空間が広がったような気がするので、ほとんどの人は「空間」を作るために舌を下に向かって落とそうとしてしまいます。

管楽器奏者のジストニアや声帯にポリープが出来てしまったりしている方のほとんどは不必要に力一杯「舌」が下に落ちてホールドしています。

それではどのようしたら良いのでしょう。

まずはこういう人達は舌骨に向かって舌が落ちているので、舌骨から舌を上にするエクササイズをしてもらいます。

そして次に、舌骨の部分を自分で触りながらブレスをしてそこが常に柔らかい状態でいられるか練習をします。

これは、歌ったり、声を出したり、楽器を弾く練習よりとても重要なのです。

ウォーミングアップです。

舌が柔らかく楽な状態が保てれば、音色や音量が変わります。
滑舌も変わります。

はっきり言って地味な、そして飽き易い(笑)練習です。

しかし、この基本的な体の使い方が変わらない限り、どんなにテクニックが付いてきても、またこれが原因で伸び悩む事になるのです。

私の生徒さん達も、初めのうちはこの練習をしていても、すぐに面倒になりこの練習を省いてしまい、そして次の段階になり、また自分で「舌」が楽になっていない事に気付き、そこからまた慌てて練習をされている方も多いのです。

「舌」を押し下げる癖は強烈です。
ちょっとやそっとの期間で変化は起きません。
長期間かけて作った強い癖がそう簡単に変えられる訳が無いのです。

でも、意識をしながら練習を重ねるうちに、確実な手応えを感じる事が出来るでしょう。

楽器を吹いていて、唇が自由に動かなくなる人がいますが、これもやはり「舌」の役割を唇でカバーしながら演奏していた事が原因な事が多いのです。

もう一度「舌」に付いて着目をしてみてください。

自分の思った通りの演奏や発表が出来るのは、本当に幸せな事なのですから。

補足:舌を上に上げたままホールドするのもやはり楽な演奏の妨げになります